スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その11 歌うシムとネクター作り

091214_02_01.jpg
仕事が休みになっては冒険の旅に出かけているローエンさんですが、冒険に関する写真がほとんどないという・・・。
冒険させていると、ほんと指示を出して眺める、みたいな事が多いので、あまり写真を撮る気にならないんですよねぇ・・・。




091214_02_10.jpg
各国にはサンセットバレーなどにあるのと同じ霊廊がありまして、そこで冒険させることも出来るんですね。
これはワールドアドベンチャーズじゃなくても出来てたのかな?
やったことがないからわからんのだが・・・




091214_02_11.jpg
なんと勇敢なはずのローエンさんがこんな状態に・・・!
どんだけ恐ろしい目にあったんだと。




091214_02_12.jpg
ちなみに、このようなドリフ状態で出てきました。
2ヶ所の霊廊に入って、毎回ドリフ状態になってたんですが、必ずこういう目に合うようになってるんですかねぇ・・・。




091214_02_13.jpg
これまたWAとは関係ないんですが、ローエンさんは軍人さんなので、いつの間にか「敬礼する」が出来るようになっていました。指示してやってもらいましたよ。
今回はちょこっと友好がプラスになっていました。相手の特質にもよるかもですけど、会話をする上での選択肢がひとつ増えるのは嬉しいことですね。




091214_02_02.jpg
さて、WAでは海外でもお友達が出来て、自宅にも招待することが出来ます。
ただ、やはり海外のお客様なので、地元の人のように呼んですぐに家に来てくれるわけではないみたいです。
時間ははっきり覚えてませんけど、ローエンさんが呼んだシムは、電話をかけた翌日に来ました(明日の何時に来ます、みたいなメッセージが出る。こちらから時間指定は出来ないっぽい)。招待の電話をかけるのは休みの前の日にした方がいいかも知れないですね。
また、パーティーと同じように「準備が必要かも知れません」というようなメッセージが出たので、おもてなししてあげる必要があるのかも。
通常のお客のように適当におしゃべりして帰ってもらったら、お客さんの不満げなメッセージが出た上に「招待する」の望みが叶わなかったので、一定時間相手にしてあげる必要があるのかも知れないです。
まだ一回しか海外のお客は招いたことがないので、正確なところは分かりませんが・・・。




091214_02_03.jpg
写真スキルは、とにかくカメラを買って撮影しまくれば上がるみたいです。
スキルジャーナルを見ると、様々な種類の被写体がリストに上がっているんですが、写真の被写体に対する当たり判定(というのか?)は、かなりアバウト。
滅茶苦茶遠くの被写体でも撮れたり、目の前の被写体を認識してくれなかったり・・・。なかなか難しいです。

カメラのスキルチャレンジで意外と難しそうなのが「見知らぬシムを撮影する」(50人ぐらいだったかな・・・)で、特に魅力スキルが高いシムには難しそう。

撮影した写真は、携帯の写真のように飾ることが出来るっぽいです(今のところいい写真がないので、飾ってないけど)
カメラを構えているシムが見てみたいけど、無理だろうなぁー。




091214_02_04.jpg
アドベンチャーの情報も、このように見ることが出来るみたい。
コレクション要素もあったりして、ほんと別ゲーだなぁー。
これはこれで面白いですけどね。




091214_02_05.jpg
集めた遺物などは、WAで追加されたディスプレイ台に飾ることが出来ます。
これ、結構楽しい♪

海外のお店で飾られている小物で、カワイイのがたくさんあるんだけど、海外のお店で買えるものではなく、地元の町の購入画面にも出ないんですよねぇ・・・海外の町編集だと出てくるのかしら? それとも、冒険で手に入れる遺物・・・?
そういう小物も、建築の時に自由に使えるようになれば楽しいんじゃないかと思います。


091214_02_16.jpg
ちなみに、こういうののことです。
かわいいーお部屋に飾りたい。





091214_02_06.jpg
「ラ~ララララ~」




091214_02_07.jpg
「ル~ラリラリラ~!」

というわけで、各国で覚えられる歌ですが、それぞれの国には歌が2種類ずつあって、片方は恋人に対するセレナーデ的な位置づけになっているようです。
他のシムとの会話で「歌う」というコマンドがあったので歌わせてみたら、嫌そうにされた上に「◎◎のパートナーは▲▲です」みたいなメッセージが出たので・・・。
もう片方の歌は普通に友好度が上がっただけでした。
そんなこと知らないで、同性相手に使っちゃったよ・・・。
ロマンス系のコマンドには、それっぽいアイコンをつけておいて欲しいですよねぇ。



で、覚えた歌ですが、以前「シムズ2の舟歌のように頻繁に歌ったりしないですか?」的なご質問をいただいたのですが



091214_02_08.jpg
「ラ~ララル~♪」




091214_02_09.jpg
「ル~リラ~!」
やはり日常でも歌っていました(笑)

頻度としては、特質独特の行動と同じぐらいなので、さほど気にならないかも。
シムズ2の舟歌は、私は聴いたことがないので分からないんですが、WAの歌はそれぞれ短いし、へたくそでもないのでウザくはないような気もします。
ウザそうなら、覚えさせなければ大丈夫かな。自然に覚えるわけではなく、教えてもらわなければ覚えないと思います(フリーウイルで覚えるかどうかまでは未確認)



雰囲気としては、こういう感じです。






鼻歌的な感じで私は結構好きです。どちらも気持ちよさそうに歌っているのが、キャラに合っている気がして気に入っています。調子っぱずれなところがカワイイ。
なぜかシャワーでは歌いませんでしたけど・・・(むしろシャワーで歌えよといいたい)。

ちなみに、トラベラーズの「おじぎ」のような、各国特有の挨拶があるんですが、トラベラーズのような大げさなものではなく、中国では「軽く会釈」、フランスでは「頬にキス」などになっています。しかもその国の人相手にしかしないので、こっちもウザくはないと思いますよ。安心して旅行してください。




091214_02_14.jpg
動画撮影ついでに、ネクター作りも撮影してみました。
ちなみにまだネクター作りのレベルは1。レベルが低いせいなのか、本来そういうものなのか、ネクターが出来上がるまでは結構時間がかかるみたいです。









091214_02_15.jpg
スキルレベルのせいか、材料のブドウの品質がイマイチなせいか、今回出来上がったネクターはこんな味だったみたい。
ちなみにネクターを飲むとお腹が少し満たされて楽しさが上がります。
マズいネクターでも楽しさが上がるので、放置してあったマズいネクターを勝手に飲んでは、「ねじれた複雑さ」のムードを出してしまうシムに、「やっぱバカだね・・・」と苦笑いする今日この頃なのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。