スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第20回 ファイヤーファイヤー

091008_02_01.jpg
エドワードはノートパソコンに向かって小説の執筆をし




091008_02_02.jpg
入浴するデイジーの後ろではシンクが壊れて水を噴き出している。

そんないつもの光景。

っていうか、また壊したのかよ!




091008_02_03.jpg
てなわけで、いつものようにズブ濡れになりながら修理をさせていたところ・・・・




091008_02_04.jpg
けたたましい警報音と共に、このメッセージが!




091008_02_05.jpg
おおおっ

改装して暖炉を設置したんですが、本棚が暖炉に近すぎたようです。
大丈夫かなーと思いつつ設置はしたんですが、案の定発火しました。
ちなみに、断じてわざとではない。




091008_02_06.jpg
「大変だ!」
火元に駆けつけるエドワード。




091008_02_07.jpg
「火事だー!!!」
まぁ、駆けつけても騒ぐだけなんですけどね。

自主的に火を消してくれるのは、命知らずなシムだけですかねー。

などと考えつつ、どうせ消防士さんが駆けつけてくれるのんだからと、のんびり眺めていたところ




091008_02_08.jpg
急に冷静な顔になって場所を移動するエドワード。
何事?




091008_02_09.jpg
どうやら消防士さんのために場所を開けたみたいです。渋滞防止ですかね。変なところだけ冷静なシム。




091008_02_10.jpg
この火事の保険金。
安っ!
ほんと、どういう基準で決まるんだろうなぁ・・・。




091008_02_11.jpg
「これで二度目ですよ! 気をつけろってーの!」
消防士さんに叱られましたが




091008_02_12.jpg
「はいはい、サーセン」
全く真面目に聞いてないな、こりゃ(笑)




091008_02_13.jpg
本棚もそうですが、床までこげてしまいました。
これ、床板をはがしたらきれいになるのかしら。




091008_02_14.jpg
その頃デイジーは公園でチップを稼いでいたのですが




091008_02_15.jpg
こういう望みが出ておりました。
遠い自宅のことも感知する超能力を持つシム。その割りに、よく渋滞してつかえてますけどな・・・こういう特殊な能力を日常生活にまわしていただきたい。

まぁ、折角望みを出してくれてることだし、帰ったらアップグレードをしてもらおうかな。

とか、思いつつデイジーを観察していると





091008_02_16.jpg
え。




091008_02_17.jpg
あ。




091008_02_18.jpg
あああっ!
床も燃えるんですか!???




091008_02_19.jpg
っていうか、何もないのになんでこんなに勢い良く燃えてんの!!




091008_02_20.jpg
本日二度目の大騒ぎです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。