スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回 淡々と絵を描いていくよ!

090928_02_01.jpg
昇進。




090928_02_02.jpg
したのはいいけど、その間に自宅が悲惨なことに・・・。
出かける前に食べたランチの皿を洗った後シンクが壊れてしまい、修理業者を呼ぶ間もなく迎えの車に飛び乗ってしまったので・・・。
カウンターは汚れてるし、最悪ですな・・・。

シンクやお風呂、トイレなど、安いせいか頻繁に壊れます。もちろん、お金の節約のために、自分で修理してもらってますけどねー。
このシンクの修理と掃除も、もちろんやってもらいましたとも。




090928_02_03.jpg
3枚目の絵が完成しました。
なんとなく向かって右がその前の絵、左が新しい絵、という具合に配置して写真を撮っています。あまり意味はない気はしますが、なんとなく。




090928_02_04.jpg
職場の前でギターを弾くデイジー。仕事着じゃないので、何かの用事で来てたんだったかな・・・覚えてない・・・。




090928_02_05.jpg
まだスキル2ぐらいだった気がしますが、みんなブーイングもせず聞いてくれてうれしい。




090928_02_06.jpg
こんな出来事があり




090928_02_07.jpg
それが評価されたのか何なのか、またサックリ昇進。
序盤は比較的昇進しやすいですよね、どの職業も。
っていうか、舞台係の仕事着を撮影しそこねましたがな・・・。




090928_02_08.jpg
4枚目完成。




090928_02_09.jpg
5枚目完成。
まだまだ、へったくそですよね。




090928_02_10.jpg
あー、そっか、スキルレベルも記録しとけばよかったなーと、この時気づきました。
この段階で絵画スキルレベル4。まともな絵が描けるようになるのは、レベル5ぐらいからでしょうかねぇ。

絵の写真を撮りつつスキルレベルなどを記録していけばデータになっていいのかもなーと思いつつ、面倒で結局やってませんがなにか。




090928_02_11.jpg
6枚目。
小学生が描いたみたいな絵。ある意味カワイイ。




090928_02_12.jpg
あらま、昇進しちゃったわ。また制服撮ってないっちゅの。
まぁ、今回の目的は絵だから、別にいいか。



このあたりになると、選択肢のある職業の場合、シムが「◎◎の道を選ぶ」とか、望みを出してきたりするんですが


090928_02_13.jpg
そっち希望かー!
まぁいいでしょう。希望通り、ロックの道を歩んでいただきましょうか。




090928_02_14.jpg
7枚目。鮮やかな色彩で結構好きな絵です。




090928_02_15.jpg
絵をたくさん描いているせいか、自作の絵を他のシムに届ける、というチャンスが来ました。
届けた先のシムと親しげに話をしているのを見て初めて、彼がデイジーの仕事の同僚だと気づいた私。
絵を描くのとギターを弾くのしかやらせてないもので、デイジーの交友関係に全く興味がない私。そんな偏ったプレイ方法でも、仕事中に他のシムと仲良くなれるのはありがたいですね。




090928_02_16.jpg
ちょっとしたおこずかい稼ぎになってありがたい。
持っていく絵の出来については言及されていなかったので、最初の方に書いた、へたくそな絵を持っていきました。
そんなもので、こんなに褒められると、逆に申し訳ない気分になりますなぁ。




090928_02_17.jpg
それにしても、同僚とか上司になるシムには金持ちが多いなぁ。それにしても、なぜかやたらとシムの多いマグロー家。まさか、全員家族じゃないよねぇ・・・?
そしてみなさん、絶賛渋滞中。大きな家なんだから、散れよ! みんな寄ってくんなよ!




090928_02_18.jpg思い出したように、仕事の制服を撮影。




090928_02_19.jpg
ちなみに、今の役職。




090928_02_20.jpg
8枚目。

今回の観察日誌、今までのじっくり観察とは正反対の、ほとんど早送りばかりの超高速プレイです。「絵を見る」事が目的なもので、あまりシムに密着した観察日誌にはならないかと思いまする。
プレイしている私は楽しいんですけど、観察日誌を見ている人はさほど面白くもないだろうなーとは思いますが、こんな調子で続いていきますよー。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。