スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第31回 死神さんビジネスモード

090703_02_01.jpg
結局水の上で仕事を済ませることにしたらしい死神。
幽霊の言い分を聞いております。
「お願い、まだ連れていかないでー!」



090703_02_02.jpg
「もう一度、家のベッドでゆっくり眠らせて~」



090703_02_03.jpg
結局、女性の幽霊は墓に向かってダイブして消えました。と思います。すみません、うろ覚え。
死神遭遇にも色々なパターンがありそうですね。
もしかして死ぬ時のムードも関係してるのかな・・・。



090703_02_04.jpg
「さて、帰るか」
仕事を終えると、死神はプールの外へ。その場で消えればいいのに、律儀な(笑)



090703_02_05.jpg
「いや、ちょっと待てよ・・・」
なぜか方向転換。



090703_02_06.jpg
反対側へ向かって行き・・・



090703_02_07.jpg
なぜ一度沈む(笑)



090703_02_08.jpg
「やれやれ・・・」
そのまま帰るかと思いきや



090703_02_09.jpg
「どっこい・・・」



090703_02_10.jpg
「しょっ・・・と・・・」
えええ。
なぜか帰らずにプールサイドでリラックスし始めました。



090703_02_11.jpg
「ここは暗いねぇ。電気が壊れてるのかね」



090703_02_12.jpg
「それより、俺の筋肉すごくね?」



090703_02_13.jpg
「まぁ、暗いほうが夜空がきれいに見えていいか」
と、隣のシムとかみ合わない会話を楽しむ死神。



090703_02_14.jpg
「死神と話が出来るのか・・・」
うらやましそうに見ていたので、会話をさせてみようかと死神をクリックしてみると



090703_02_15.jpg
残念、無理でした。
向こうから話しかけてもらわないとダメなんでしょうねー



090703_02_16.jpg
その後、話し相手がいなくなってつまらなくなったのか



090703_02_17.jpg
「次はビジネスでなくバカンスで来たいな・・・」



090703_02_18.jpg
ようやく帰っていきました。
しかし最近の死神さんは忙しそうです。
街が老人や幽霊ばかりになるのも困るなぁ~・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。