スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第21回 年老いた彼

090625_21_01.jpg
ベッドで読書中のチョウコさん。
ようやくメイドさんを雇って、掃除などから開放されました。
3のメイドさんはシムがベッドで寝ていても、反対側の乱れたシーツを直してくれるのでいいですね。



090625_21_02.jpg
ところで、いつの間にやらお出かけする時の送迎車が豪華になってびっくりなんですけど!



090625_21_03.jpg
貧乏人はタクシーで、職レベルが上がるとリムジンですか。。。すごい世界だなぁ(本人の資産は全然たまってないのに・・・)。
お陰でプリウスには全然乗ってくれないので、ソンした気分です。
特別な望みでも出ない限り、車は必要ありませんねぇ・・・。



090625_21_04.jpg
さて、今日は身だしなみを整えて・・・。



090625_21_05.jpg
「よしっ! 久しぶりにアーティーを呼び出して、今日こそ・・・・!」
気合が入るチョウコさんです。



というわけで、アーティーを久々に招待してみました。
090625_21_06.jpg
ん・・・・なんかいつもと様子が・・・



090625_21_07.jpg
あっ! アーティーさん、老年になっちゃったんですね!



090625_21_08.jpg
うわぁ・・・よりによってまたすごく貧相に年を取ったなぁ・・・・・・・・・・・・・・
老年になると縮むんでしょうか・・・? 筋肉がなくなる?
この貧乏臭いオーバーオール姿が貧相さに拍車をかけているんでしょうか?



090625_21_09.jpg
驚きを隠しきれないまま、キス。



090625_21_10.jpg
「うーん、なんか違うな・・・」



090625_21_11.jpg
そう思いつつも、こんな望みを出すチョウコさん。



雰囲気を盛り上げようと、ソファーでイチャつくも
090625_21_12.jpg
うううーん、やはりなにかが違う・・・・・。
というか、このいたたまれない気持ちは何だ(笑)
自作などの愛着のあるシムならいいんですが、アーティーさんはそういうわけでもないし、どうにもこうにも・・・・。
クレアさんは可愛く年老いてたんだけどなぁ~

というわけで、プレイヤーの気が乗らなかったのでウフフはさせませんでした。
どうせならもうちょっとカッコイイシムと初ウフフさせたい親心。



その後、仕事を終えたチョウコさんが
090625_21_13.jpg
こういう望みを出しました。
ちょうどいい、次のターゲットはキミだ!
まだ若いだけ、アーティーさんよりマシでしょう。



090625_21_14.jpg
というわけで、美術館に呼び出してみました。
美術館に来るのは実は初めてなんですよね~
絵画を盗むとか、チョウコさんが悪人らしいことをしてくれるんじゃないかという期待もこめて、ここにしてみた次第。



さて、ザンダーくんがやってきました!
090625_21_15.jpg
って、メタボかよ。
まぁ、年老いて貧相になるよりはいいかな・・・。
そんなわけで、親しくなるよう話しかけてみますが



090625_21_16.jpg
「この銅像、すごいわねぇ~」
「ほんとだ、力強さがあるよな」



090625_21_17.jpg
「このオブジェが意味するものを考えると・・・・」

意外と真面目に美術鑑賞を始めてしまい、あんまり親しくしてくれない罠。
美術館においてあるアイテムには、シムをひきつける何かがあるんでしょうか?



友好が上がらないなら、悪人らしいことをしてくれればいいじゃない!
と、美術館内に入ったチョウコさんを期待して観察しますが・・・・


090625_21_18.jpg
「ブラボー! ビューティホー! 素晴らしいの一言よ!」



090625_21_19.jpg
「イケてるわ~イエイ!」
など、やはり真面目に鑑賞していて、悪いことはしてくれないのでした。
うーん、期待はずれだ・・・。



090625_21_20.jpg
しかも真面目に感動とかしてます。悪人なのに。



そんな感じで、盛り上がったのかあがらなかったのか、よくわからないままデートを終えましたが
090625_21_21.jpg
その後、なぜかザンダーくんの幽霊が見たくなったチョウコさん。
美術品などを盗む望みを出すよりも、こういう望みを持つほうがよっぽど悪人らしくて恐ろしい気がいたします・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。