スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第22回 夜の道を自転車で

まだ知人程度のクラスメイトの家に泊まれるかどうかはともかく、お友達は作っておいてソンはないはず。
090613_07_01.jpg
「すてきなおうちだね~」
そんなわけで、無難におうちを褒めたりして、地道に友好度を稼ぐことにしました。



090613_07_02.jpg
「そ、そうかな~?」
「うん、うちなんてボロ屋だよ~小さいし」
「へえ~」
フレンドリーに話をすれば、たいてい受け入れられるからいいですね。
というか、今までシムの会話を見ていて、相手の言うことを拒否って背を向ける、なんてことをするシムにはお目にかかったことがないんですけど、3ではそういう応対はなくなってるんですかね? たまたまかな?

まぁ、オッケーと思ってくれてるシムにしか話しかけないんだから、当たり前かしらね。



しかし、お友達にと思って意気込んで話しかけたのに
090613_07_03.jpg
がーん。
非常識なんだ・・・うーん、これはお友達としてどうなんだろうか??


で、ここでハタと思いついた。
あ、もしかしてこれは、アレが出来るのでは・・・・。



090613_07_04.jpg
やはり出来ました!
一緒に宿題をやったり出来るんですね~おおー



遊ぶのもいいですけど、遊び疲れて家に帰っても寝てしまい、宿題が出来ないのも困りますからねぇ~
090613_07_05.jpg
「ね。先に宿題すませちゃわない?」
「ええー? まぁいいけどさ~」



しかし、おうちに入れてもらって宿題をしようとしたら
090613_07_06.jpg
「ちょ、おばさん達が邪魔で座れないんですけどー!?」
っていうか、他にも座れるところはあるんですけどー!?

相変わらずシムは融通が利かない。
これはシムズ3になっても変わらないんですねぇ・・・。



何度も行動がキャンセルされた後、ようやく座る事が出来たスウ。
090613_07_07.jpg
あれ? 話をしていた女性も宿題を始めましたね。
オバサンかと思ったらティーンの女の子でした。失礼しました(笑)



090613_07_08.jpg
三人で宿題。
やはり誰かに手伝ってもらうよりは時間がかかっていたようなそうでもないような・・・。



そうこうしているうちに、遅い時間になってしまい、スウの体力もかなり減ってしまいました。
さすがに知人程度ではお泊まりは無理でしょうし、今日のところは素直に帰ることにします。
当然スクールバスは来てくれないので、自力で帰らなければなりません。


090613_07_09.jpg
「パパに自転車買ってもらっといてヨカッタ~」
夜の道を家へ急ぎます。

自転車がどんな感じなのか見てみたくて、購入して家の前に置いておいたんですが、所持品には入れてなかったので「歩いて帰らないといけないのかな・・・」と心配したんですが、入っていなくても、こうやって自動的に使えるみたいですね。
使う人が複数人数いる場合はオーナー設定すればOKかも。




「疲れたな~でも夜風が気持ちいい~」
090613_07_10.jpg
楽しそうです。
ああ、いいですね、自転車。
シムでここまで出来るようになるとは・・・



090613_07_11.jpg
家に戻ってみると、パパさんも眠そうです。
またギターばかり弾いてたんだろうなぁ・・・。


二人ともすごく眠そうなんですが、空腹のまま寝てしまうと朝のムードが最悪になるので、とりあえず何か少しでも食べて寝てもらいましょう。

スウは誕生日の残りのケーキを。
パパさんは、何か手早く作れる物を。
090613_07_12.jpg
ジャムトーストです。
うう、うまそう~
ジャムを塗る動作はありませんでした。残念。


「やっぱパンにはイチゴジャムだよな」
「私はマーマレードが好き~」
090613_07_13.jpg
このかじり方も美味しそう。
この手早く食べられる料理は、シムズ2のゼリーのように何も調理せずに食べられてグッドですよね。
しかも子供も自分で取り出せるのがイイ!

そういえば今気づいたけど、スウは子供用のレンジには全く興味がないみたい。
パパは料理得意なのになぁ~。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。