スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15回 理由なき・・・?

090123_03_01.jpg
「汚ねぇー! くせー! 何とかしてくれよー!」

そうやって訴えている間に掃除しろと何度。



090123_03_02.jpg
「ちぇ、仕方ねぇなぁ・・・」
ようやくあきらめて掃除し始めたフタバくん。
もっと早くしてくれれば、ユキも腐ったミルクを飲まなくて済んだんですけどねー。



090123_03_03.jpg
が、折角掃除を始めても、それがうまく続かないのがシムズ2。
「おむちゅかえてください!」
ユキの要望に応えて、掃除は一時中断。



090123_03_04.jpg
「うにゃー、眠いおおお」



090123_03_05.jpg
「そういや、俺も眠くなってきたな・・・おやすみ~」
皿一枚しか片付けてないんですが・・・・。



そんなわけで、お部屋は汚いままなので
090123_03_06.jpg
「うおおお、なんだこの部屋は! きれい好きな俺はたえられないー!!」
レイパパ大騒ぎ。



普通ならこのまま片付けに突入でしょうが
090123_03_07.jpg
「だ、ダメだ、眠すぎる・・・」
体力の限界なので、汚い部屋は放置で就寝です。

ちなみにレイパパの体力が限界まで下がっているのは、幼児と同じ部屋であるために睡眠不足だからです。
幼児の欲求が最優先なのです。
ほんと、鬼だな、我ながら。



090123_03_08.jpg
というわけで、幼児と同じ部屋なわけですから、寝てもすぐ起こされるわけですが、今回はちょうどユキが目覚めてベッドの中でまったりし始めたのと重なったため、ゆっくり眠ることが出来たレイパパなのでした。
よかったね、レイパパ。
ちなみにフタバはレイと入れ替わりに仕事にいきました。



090123_03_09.jpg
さて、いつもどおり、ユキの便意が下がってきましたよー



090123_03_10.jpg
「っていうか、もう遅いのお・・・」



090123_03_11.jpg
オムツがぬれて気持ち悪くなったユキの泣き声で、とうとう起こされたレイパパ。



090123_03_12.jpg
しかし、幼児がムズがっていようがどうだろうが、ベッドメイクだけは譲れない!
って、はよ行ったれや。



090123_03_13.jpg
「うー・・・もう、だめだお・・・」
丁重にレイがベッドメイクをしているうちに、ぽて、っと、ベッドに座り込んでユキ。
これはまさか・・・。



090123_03_14.jpg
「おやしゅみ・・・・」
ベッドに放置されすぎて、体力がもたなかったみたいです。
もうちょっと我慢してくれれば・・・と思いつつ、このまま外に連れ出されたら気絶してたかも(笑)。



090123_03_15.jpg
しばらく寝て体力回復!
「おむちゅくちゃいおー! だちてえええ!」
声を限りに騒ぐユキですが



090123_03_16.jpg
その頃の大人達は片付けに夢中。
誰も気づいてくれないのでした・・・。
うん、まぁ、いつもの光景ですけどね。



090123_03_17.jpg
ところで、フタバが仕事の同僚を連れて帰ってきたのですが、この同僚さんがどうもレイと相性最悪らしく。
「お前のその生ちょろい肌の色が気に入らないんだよ!」
「ええー、んなこと言われても・・・」



090123_03_18.jpg
「うりゃ!」
「いたっ!」



090123_03_19.jpg
「ひゃーっははは! この間抜け顔ったら!」
「ひ、ひどい・・・」

シムのこの理由なき暴力・・・というか、理由なき「不快なことをする」はホント、厄介ですよねぇ。



090123_03_20.jpg
「理由ならある! なんとなくいけすかないから小突くのだ!」
いやだから、それが理由なきって・・・・。



090123_03_21.jpg
「なんでこんな目に~・・・・」
ほんと、言いがかりをつけられるシムってお気の毒ですよねぇ・・・。
あまりシムを性悪に作っている気はないんですけど、タウニーに不快なことをしたがる自作シムが多い気がする今日この頃・・・。



090123_03_22.jpg
あ、ところで、そろそろユキが成長するんですけど・・・!?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。