スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回 すくすく成長

080817_06_01.jpg

「んちょ」


080817_06_02.jpg

「うと、うと、こえじゃなくて・・・」


080817_06_03.jpg

「こえこえ! こえをゴンゴンすうのがたのしいのお~」

ようやく歩くことを覚えて、一人でオモチャで遊べるようになったトモミです。


080817_06_04.jpg

とてとて


080817_06_05.jpg

とてとて


080817_06_06.jpg

てててて


080817_06_07.jpg

「おちっこもひとりでできるのお」

一人でよちよち歩いて、オマルに座る姿は何度見ても可愛いです。
何度も書いてる気がしますが、シムの子供時代は、幼児の時期が一番可愛いですねぇ~。
大人になったらなったで、またバカな行動をするのが可愛いわけですけども。


080817_06_08.jpg

さて、大人たちの苦労の甲斐あって、トモミがようやく童謡を覚えてくれました。



080817_06_09.jpg

「うまいぞ、トモミ~上手に歌えたね~」
無邪気に喜ぶ大人がまた可愛い。



080817_06_10.jpg

「ラ~マしゃんがこおんだ~ちゅべった~ちゅべった~~♪」
大人と一緒に歌う姿が可愛らしいですね。

童謡を覚えると魅力が、歌うと身体スキルが上がるらしいです。
激しく体を揺らしながら歌ってるからなぁ。



080817_06_11.jpg

ママとも一緒に童謡タイム。
ナターシャさんは高い声の女性シムなので、彼女が童謡を歌うとトモヤさんよりも上手に聞こえるし、響きが優しいです。いい感じ。



080817_06_12.jpg

大人が他ごとをしている時は、もっぱらここでお絵かきをして遊んでいるトモミです。
トモミはブロックで遊ぶよりもお絵かきをするのが好きらしくて、机の上に散らかっていたブロックを片付けてまでお絵かきに夢中な彼女です。
ナターシャさんも絵が好きだし、母親に似たんですかね。



080817_06_13.jpg

最初はぐちゃぐちゃの線しか描けなかったのが、上達すると鳥さんが描けるようになるんですよね。




080817_06_14_01.jpg

この絵が飾れたらいいのにな~

結局彼女はおえかきとオモチャでゴンゴンするのに明け暮れ、他のオモチャやトイレには手を出しませんでした。
このお絵かきとブロックの台の吸引力が強いのかなぁと思ったんですけど、別の幼児は他のオモチャでも遊んでいたので、単に幼児の好みや性格でどれで遊ぶか変るのかな?



080817_06_14_02.jpg

そういえば、以前はあまり使っていなかった幼児用の椅子を最近はよく使うようになりました。
椅子に腰掛けている幼児の様子が可愛いせいもありますが



080817_06_14_03.jpg

これだと哺乳瓶を渡すシムが「◎◎が邪魔で幼児に哺乳瓶を渡せないぜ!」と、騒ぎ立てるのを見ずにすみますし。あれうざったいから嫌いなんですよねぇ。
シムが「あれが邪魔だこれが邪魔だ」と騒ぐのが好きでないので、なるたけ座らせて哺乳瓶を与えるようにしています。



080817_06_14_04.jpg

まぁ、この方法も幼児を座らせて、ミルクを飲んだら椅子から下ろして、と、手間がかかって面倒ではあるんですけどね。



080817_06_15.jpg

シッターさんも椅子があると、そこに座らせてご飯を食べさせてくれるんですね。



080817_06_16.jpg

「ピチャピチャピチャ」
この服だとぬいぐるみの手を食べてるみたいでちょっと・・・。



080817_06_17.jpg

そういえばナターシャさんには別世帯に親戚(父親と姉だか兄だか)がいるんですよね。
この人がナターシャさんのパパみたいなんですが、やたら胡桃沢家に訪ねてくるので、挨拶してみました。
一応、トモヤさんには義理の父、トモミには祖父になるわけですし。



080817_06_18.jpg

でもなんか全然話が合わないし。
姉小路弟くんと同じく、トモヤさんも新しく会ったシムと話が合わないことが多いんですよねぇ。
雑誌を読めば興味を増やせるらしいので、今度買わせてみようかしら。
まぁ、これはこれで気難しいシムらしくていいかもですけども。



080817_06_19.jpg

ところで、胡桃沢家に来ているメイドさんが男性なんですが、なぜかモヒカンなんですよね。
こんな頭でサービスに来るメイドさんは初めて見ましたよ。



080817_06_20.jpg

しかも無駄に男前だったので、将来のトモミのお婿さん候補にと声をかけてみました。



080817_06_21.jpg

そしたらまぁ、珍しく話が合いました。
食べ物の話ですごい盛り上がっております。



080817_06_22.jpg

「グリルドチーズがいいにおい~」と、シンクロする食いしん坊二人。



080817_06_23.jpg

とか、呑気に観察していたら、ベビーベッドに放置されていたトモミの便意が・・・!
オマルに連れて行ったんですが、タッチの差で間に合いませんでした。
ごめんよ、トモミ。

ベビーベッドから脱走できたら、オマルに自分で行けたんでしょうけど、FF7家のレニくん以来、自分でベビーベッドから出る子を見たことがありません。
あれ、どういう条件でなるんだっけ・・・・。



080817_06_24.jpg

そういや幼児になってからオムツ台でオムツを替える、という行動をしたことがなかったなぁと思ってやってみることに。
こうやって見ると、赤ん坊に比べたら、やっぱでっかいですね。



080817_06_25.jpg

赤ちゃんだと素直にキャッキャと喜ぶんですけど、幼児は不満気なので笑えます。
もうお姉さんなのに~って感じで、恥ずかしいんですかね。



080817_06_26.jpg

唐突ですが、ナターシャさんが太りました。
太った女性シムを久しぶりに見ましたけど迫力ありますねぇ。

ナターシャさんのグリルドチーズ願望をかなえるために、食事の用意は全て彼女にさせて、毎回焼いたチーズサンドを作らせているわけですが、作るたびに食べるのでこんな状態に・・・。

でも生涯で200個のグリルドチーズサンドを食べさせようと思ったら、ぶっちゃけ満腹でも食べていかないと無理っぽいですよねぇ。
思い出を見て数えてみると、案外まだ食べてないっていうか・・・・。

まぁ、多分食べ過ぎて死ぬ、ということはシムにはないと思う? ので、今後は満腹だろうがなんだろうが、頑張って食べてもらおうと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。