スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シム温泉へいらっしゃいませ 裏話

トラベラーズで温泉オブジェクトが加わったのを知った時に、「あ~、これ自宅で銭湯とか出来るんじゃないの~? マッサージサービスなんかもつけてさぁ~」とか思ってワクテカしたものです。
でも生来の面倒臭がりが災いして、結局作らずにいたわけで。

で、なぜ今回、こんな温泉民宿みたいなものを作ろうと思ったかと言えば・・・。

お休みの日にたまたま見ていたNHKのハイビジョン特集で瀬戸内寂聴さんのドキュメンタリー番組をやってたんですよね。
瀬戸内寂聴さん自体は、有名な方なので知らないわけじゃなかったんですけど、今までの経歴とか著書については知らないも同然だったので、なかなか面白く見てたんですけど、そこに登場した寂聴さんの住居というかお寺というか(寂庵つーんすけど)、そこのお庭がなんだかとっても風情があって。
やっぱ日本の庭はええのう~と思ったのが、このおうちを作ろうと思ったきっかけでしたのです。

まー、寂庵とは比べ物にならない、垢抜けない雑な庭ですけど。


んで実はこの温泉。
最初は森田家の新居として建築してたんですよね。

071218_01.jpg

引っ越しもさせて、遊んでもみました。
ワンコの運動スペースがないかなぁと心配してたんですが、ちゃんと表の広い場所で遊んでくれたので嬉しかったです。
もう、可愛い!



071218_02.jpg

スージが棒をくわえて戻ってくるところが可愛くて、バナーに使ってます。元は茶色一色の特徴のない毛色だったので、引っ越しする際に外見を変えてみました。

この森田家のおうちは、在宅ビジネスで温泉が出来ないかなぁと思って作ったのですよね。
自宅だった時は門の外に犬小屋がありました。



071218_03.jpg

ポストも落ち着いた色にリカラー。
ポストの色が変えられるっていいですね~



071218_04.jpg

外観はほぼそのままです。
公共にするのに、木や植木の本数を増やしたぐらいかな。



071218_05.jpg

なんちゃって縁側。
自宅の時は、かなりゴチャゴチャと物を置いていました。
ダルマとか(笑)
色々置くのは楽しいんですけど、適当に置きすぎると、後で写真に撮って見た時に、なんだかゴチャゴチャしていてシマりがなくなるんですよねぇ。
小物使いって難しいです。



071218_06.jpg

このお茶を入れる動作が可愛いんですよねぇ。
紅茶とかでも、こういうオブジェクトがあればいいのにね。
ティータイムのテーブルバージョンで。

このオブジェクトが使いたくて、カットハウス「カラフル」の玄関スペースに無理やりステージを作ったのもいい思い出。
玄関ドアを開けると、いきなりこのオブジェクトがドーンと。
さすがに我に返ってやめましたけど(笑)



071218_07.jpg

キッチンはこんな感じでした。



071218_25.jpg

グリルドチーズ願望のフタバのお陰で、焼いたチーズサンドばかりが並ぶ食卓。
全然和風じゃねぇ(笑)



071218_08.jpg

レクレーションルームのエスプレッソ売りがいた場所に、バーがありました。



071218_09.jpg

このバー、見た目が可愛くて気に入ってるんですけど



071218_10.jpg

「んぐんぐんぐ」
シムが自分で飲み物を作ると立ち飲みになっちゃうんですよねぇ。
折角素敵な椅子を置いても意味がないのが切ないです。



071218_11.jpg

しかもこのバーの吸引力がすさまじい。
みんな飲み物を飲みまくって他の事をしてくれなくなるんですよねぇ。



071218_12.jpg

当然、こうなるわけで。
「と・・・トイレ・・・・・!」



071218_13.jpg

そこまで切羽詰まっているにも関わらず
「っと、その前に・・・・」
ガーッ(ミキサーを使う音)



071218_14.jpg

「もう一杯っ・・・と・・・・」
んぐんぐんぐ

そんなに漏らしたいのか、と。



071218_15.jpg

一応引っ越し当日から在宅ビジネスとしてチケットマシンで営業してみました。
レイパパがマッサージを覚えていたので、マッサージ師として立っていてもらったんですけど、フリーウイルでは誰も来てくれなくて暇なので、フタバ相手にやってもらうことに。



071218_16.jpg

「お客さん、疲れがたまってますねぇ~」
「お~、そこそこ・・・・」

こうやって見ると、仲がよさげですけど



071218_17.jpg

実際レイパパのフタバに対する感情はこんな感じ。

また赤いのかよ!



071218_18.jpg

とにかく目を離すとすぐに、こんなコマンドがお互い出てしまうので、バカンスのメリットの「寛大」があったところで焼け石に水。
出来るだけキャンセルするようにはしてるんですが、ぶっちゃけ追いつかないんですよね。

引っ越して来た時のタクシーから降り立つムービーシーンで平手打ちしている二人を見た時は、こいつら本気でダメだと思いましたね・・・・。
ムービーでやられると行動キャンセルできないっつーの・・・。

この二人をハックなどを使わずに仲良くさせるには、別居しかないのかなぁと思い始めた今日この頃。
距離を置いて、電話などで長期友好度を上げるのが一番な気がします。



071218_19.jpg

とか二人を眺めていたら、ユキまでもが・・・・・
「とと、トイレ・・・・」



071218_20.jpg

「でもその前に、もうちょっとだけ・・・」

シムってほんっとバカだなぁ・・・・と、ぬるい笑いが浮かんだ瞬間。

しかしこのおうち、大きなオブジェクトをおきすぎたせいか、お客さんがたくさん来るとフリーズしてしまうんですよね。
あるいはダウンロードフォルダの容量が増えすぎたせいか・・・。
以前から在宅でお客が増えると重いなぁとは思っていたんですが、これだけオブジェクトがあると色々ツラそうです。
画質を落せばまだマシかもですが、どうせなら綺麗な画面で遊びたいですしねぇ。

そんな事情もあって、在宅ビジネスとして区画を使うのは断念。
公共に流用することにしました。



071218_21.jpg

そういうわけで、公共区画に必要なオブジェクトを加えてテストプレイです。
最初は食堂部分にエスプレッソの売店があったのですが



071218_22.jpg

エスプレッソはテーブル席で飲むのに、レストランの席の案内はカウンターにされてしまい、なんだかヘンテコな感じに。
仕方ないので、エスプレッソ売りは奥の部屋へと移した次第。
どうでもいいけど、キッチン側に電気を付け忘れているので暗いです。
またやっちまったよ・・・・。



071218_23.jpg

レストランや売店関係は位置設定が難しいですね。
最初はレストランの支配人(マネージャー?)の机を食堂の中においていたんですが、そしたらなんだかゴチャゴチャした印象に。
難しいなぁ、これ。



071218_24.jpg

あと、キッチンのカウンターの中にお客さんが入ってきたり・・・。
なかなか思い通りにシムが動いてくれないのはもどかしいですね。
反面、「こうしたら上手くいった!」みたいな発見もあって楽しいです。
公共区画を作るの、面白いですね!


短時間で仕上げたおうちでしたが、色々発見もあって楽しかったです。
しかし森田家はまたおうちがなくなってしまったなぁ・・・。
次はもう少し小さい区画で、遊びやすそうな楽しいおうちを作ってみたいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。