スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シム温泉へいらっしゃいませ その4

071217_04_01.jpg

レクレーションルームのドアから外へ出てみましょう。



071217_04_02.jpg

ここでようやく温泉登場です。
開放的にも程がありますね!



071217_04_03.jpg

近所表示をした状態で。
まぁ、シムは水着を着て入るからいいんですけどね。
お客さんが来ても下着姿で応対しちゃうぐらいだから、これぐらいどってことないんです。



071217_04_04.jpg

違う角度から。
この温泉も、置く方向が良く分からないオブジェクト。周囲に適当に植物を植えたら「植木が邪魔で入れないわよ!」と、ユキに文句を言われてしまいました。
わざわざ草の生えてる奥から入ろうとしなくても、手前からいくらでも入れるじゃんかよ・・・。
という、常識が通じないのがシム人ですから、テストプレイは必須ですよね。



071217_04_05.jpg

ちなみに、ここはサウナもあります。
写真の右側が建物からの温泉への出入り口で、左側がサウナのドアです。

とにかく、入れたいものを全部いれました!
お陰で重いよ!



071217_04_06.jpg

この角度がソレっぽい。
悦。



071217_04_07.jpg

さて、食堂に戻って、最後の廊下の向こうを見てみましょう。
右側に見える二つのドアは



071217_04_08.jpg

バス付きトイレになっています。
シムの温泉はつかるだけのものなので、こういうお風呂も必要ですからね。



071217_04_09.jpg

この「シムピープルと私」さんでいただいた陶器の鏡がお気に入りです。



071217_04_10.jpg

一番奥の意味ありげな襖ドアは



071217_04_11.jpg

ここは湯治客用の宿泊施設になっています。

壁紙・ベッド TSR(mirake)


071217_04_12.jpg

長期滞在の方も多いので、一通りのものが揃っています。



071217_04_13.jpg

扇とか刀の飾り物とか、こういういかにもなオブジェクトを、あちこちに意識して使ってみました。
ちょっと垢抜けない感覚を出したかったので。
いやま、元々私の作る家は垢抜けてませんけどね(ノ´∀`*)



071217_04_14.jpg

基本的に、みんなザコ寝に違いない。

今回はリカラー関係を多く使ったのですが、リカラーだと作者さんの名前が分からなくてリストが全然書けずに申し訳ない・・・。
デフォルトオブジェクトのリカラーも入れておくと、色々応用が利いて便利ですよね。



071217_04_15.jpg

夜のシム温泉です。



071217_04_16.jpg

遅い時間でも、リラックスタイムを求めてお客さんがやってきます。



071217_04_17.jpg

入れたい要素を詰め込みすぎたせいか、激しく重い区画になってしまいました。
森田家で遊んでいたら、固まる固まる。
このままだと頻繁に遊ぶにはキツい感じですが、一応やりたいことをやれたので満足です。
自己満足万歳!

折角だから、NPCが必要な要素をいくつかはぶいて、もう少し軽くして遊ぼうかなぁと思いますよ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。