スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シム温泉へいらっしゃいませ その3

071217_03_02.jpg

食堂にあるドアの向こうには



071217_03_03.jpg

リラックスルームがあります。



071217_03_04.jpg

テレビを見たり、ゲームをしたり。
きっとチャンネルは3つぐらいしかなくて、ゲームもファミコンとかに違いないです。

花瓶 Steffor
壷 Avalon



071217_03_05.jpg

リラックスしたり、チェスを楽しんだりも出来ますよ。
しかし今はとりあえず、棚から落ちそうな馬の置物が気になります。



071217_03_06.jpg

食堂に戻ってみると、通路が三つ見えますね。
左が出入り口へ通じる通路。右側がトイレと宿泊施設へ通じています。
真ん中へ進むと



071217_03_08.jpg

このなんちゃって縁側に出ます。これは外からみたところ。



071217_03_09.jpg

違う角度から。

縁側もどきを作りたかったのですが、なぜかこんなヘンテコなものが仕上がりました。縁側というより、演舞台?
基礎台を作って家を一段上げて作れば、縁側なんかはいくらでもそれっぽく出来ると思うんですが、出来れば一段上げない状態で家を作りたかったんですよね。
とりあえずステージ機能を使ってみたものの、家の中からの出入りが出来ず。ううーん、と悩んで出来上がったのがこのヘンテコ縁側です。
チートを使えば可能だったのかもですが、その辺りのテクニックはまだ未修得なので・・・・。



071217_03_10.jpg

こういう「縁側から庭を眺める」というのを、どうしてもやりたかったのです。



071217_03_11.jpg

初冬の冷えた空気の中、温かいお茶をいただきます。



071217_03_12.jpg

夜のお庭も風情がありますね。なんちゃってでも。



071217_03_13.jpg

このお茶を飲めるアイテムが大好きで仕方ないです。
シムが正座して、ほっこりとお茶を楽しむなんて!



071217_03_14.jpg

なんちゃって縁側を抜けて奥に進むと、レクレーションルームになります。



071217_03_15.jpg

ここでエスプレッソを飲んで元気回復して



071217_03_16.jpg

マッサージで体をほぐして



071217_03_17.jpg

そしてみんなでマージャンを楽しむ。
なーんて感じですかね。

この節操のない一緒くた感が、いかにも田舎の寂れた温泉施設っぽいかなぁと勝手に思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。