スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回 「僕の将来の夢」

h03_01.jpg
シムってソファーで寝転がるのが好きですねぇ~。
ちょっとでも心地よさが減ると、すぐ椅子に座ったりソファーに寝転がったり。
そんな暇があれば、スキルアップにでも精を出してほしいものですが。





h03_02.jpg
でも実は真さんは日暮家の中では一番の働き者です。
何しろ知識願望シムであり、綺麗好きですから。
暇さえあれば、あちらこちらをゴシゴシピカピカに。





h03_03.jpg
そしてゴミ出し大好き。
暇さえあれば、ゴミを出しに行っています。
「ちょっとでもゴムがたまると気持ち悪いんだよね」
潔癖症の見本のような人です。まさにメイドいらず。乙女座シムってこうだから好きです。






h03_04.jpg
そして、京太くんの朝ごはんを作るのも、真さんの役目。
京太くんの願望に「焼いたパイを食べる」があったので、朝ごはんはパイにしました。真さんの希望はシリアル。
真ん中においてあるのは、作るのを失敗した焦げたパイ。朝から焦げたパイを京太くんに食べさせるのはかわいそうかなぁと思い、焼きなおしてもらいました。
最近はフリーウイルで放置プレイが多かったせいか、指示しまくる遊び方が新鮮で楽しいです。





h03_05.jpg
「僕は大きくなったら、だいがくに行っていいせいせきをとって・・・」





h03_06.jpg
「お金をいっぱいかせいで、パパにおうちを買ってあげるんだ! そうしたらパパも、なまけものとかねなしぐさとか言われなくなるよね!」
『苦労してるんだなぁ、この子も・・・(ほろり)』





h03_07.jpg
さて、当の「パパ」はと言えば、二人が出かけた後にのっそりキッチンに現れると
「お、パイがあるじゃん。もったいねぇから食っちまうか」





h03_08.jpg
ばりばり、ごりごり





h03_09.jpg
「ごふっ・・・んあ?」





h03_10.jpg
「げふ、ごふ・・・な、なんか変な食感だな、このパイ・・・・」
食う前に気付けよと言いたい。





h03_11.jpg
ものぐさ野郎な誠太郎さんですが、食事の後片付けはします。
「ま、これぐらいはな。ガキでも出来るわけだし」





h03_12.jpg
「あー、ダリー、たまに働くと疲れるぜ・・・」
っていうか、全部片付けてから休めよと。
ひたすらものぐさ道(そんなものはない)を突き進む誠太郎さんなのでした・・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。