スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第31話 「あなたの知らないこと」

j13_01.jpg

「少し一人になって、色々考えたいの・・・」

大学生達です。
タケシと一緒に暮らしていたケティが家を出ました。





j13_02.jpg

「ごめんなさい、タケシ・・・私はあなたと結婚の約束までしながら、あなたの弟であるサトシを好きになってしまった。もう、あなたと一緒にはいられない・・・」
二人の男性を同時に好きになってしまったケティ。
しかも相手の二人は実の兄と弟。
タケシに嘘をつく事に疲れたケティは、彼から離れる決意をしたのでした・・・。


っていうか、せめて普段着に着替えさせてから家を出させれば良かったと、終わってから後悔。
パジャマ姿じゃしまらないスね。





j13_03.jpg

「そうだな・・・俺たちには時間が必要なのかも知れない。彼女との事は大学を卒業してから、ゆっくりと考えよう。今は勉強に専念するんだ」
釈然としないものを感じながらも、自分に言い聞かせるタケシ。
彼はまだサトシとケティの関係には気づいていないのでした。


とか、脳内で色々ストーリーをつけつつ楽しんでいます。
サトシは願望(50回の夢のようなデート)達成のために頻繁にケティをデートに誘っているので、毎回結構ドキドキです。いつかタケシに発見されて、泥沼になんないかなぁ(なってほしいのか)

ところで、二人がまだ一緒に暮らしている時に引っ越しをさせたら、いつの間にかケティとタケシの願望が入れ替わっていたので驚きました。
なぜかケティが名声願望になっていて、タケシが知識願望に・・・逆だったはずなのに!
やっぱこれってバグですかねぇ。お、恐ろしい。





j13_04.jpg

それと、以前ブログでケティが指示もしないのに運動を始めたのでビックリした話を書きましたが、これってシムに強制的に運動をさせる体操おじさんの仕業だったんですね~!
てっきりバグかと思ってメチャクチャ焦りました。バグでなくて良かった~っていうか、知ってたらもっとちゃんと観察したのに~残念。
教えてくださった皆様、ありがとうございました!





j13_05.jpg

そんな事情もあって、タケシの家には彼の弟であるハルを、ケティの元には彼女の弟である次郎を、大学に入学させて一緒に生活させる事にしました。
ハルも次郎も成長した時の服は普通でした。
良かったような、つまんないような。





j13_06.jpg

ハルの願望には「ナツが大学に入る」の願望が。
これってタケシとサトシにもあった願望なんですよねぇ。なっち人気者だな! 一番いじめられっこなのに。

そして引っ越し当日の夜にハルの元にサトシから電話がかかってきて「一緒にダウンタウンに行かない?」と誘われました。
シムからお誘いの電話を受けたのは始めてなので行ってみることに。






j13_07.jpg

そしたら人数多ッ!!
しかもケティがっ!!!
これは強烈にヤバいのでは!?
と、ワクワクしたのですが、なぜかタケシはメンバーに入っていませんでした。ちょうど授業に出ていていなかったからでしょうか?
安心したりガッカリしたり。





j13_08.jpg

それにしても、この親子は・・・・・
見事すぎるぽっこりお腹です。

こういう人達の元にこそ、体操おじさんが現れて欲しいです。





j13_09.jpg

人数が多いとレストランで席につくのも大変ですよねぇ。結局全員一つの席に座れなかったし。
シムからのお誘いって、毎回こんなに大人数なんでしょうか。
あっそうか。一緒に来るのは、誘ってくれたシムのお友達なんですね。
だとしたら、桜子さんからお誘いがかかった場合、一緒に来るのは彼女の恋人ばかり?? それって修羅場の予感??





j13_10.jpg

一緒に来たシムの大半が自分の家族で、特に何もやることがなかったので、ハルにエスプレッソ売りのバイトをさせてみました。
家族にエスプレッソを売りつけて地味に願望達成。
財産願望シムって、学生時代は願望達成が難しいですよねぇ~・・・たかだか+150の願望を叶えるのにも苦労します。





j13_11.jpg

願望も達成したし、帰るか~と、家に戻って来たら、みんながついて来たのでビックリしました。
これってグループを解散しないと、みんないつまでもついてくるんですね~知らなかったので普通に「みんなにさよならを言う」で帰ってもらいました。
シム世界には私の知らない事が多すぎる・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。