スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第23話 「ラマ夫の日常」

n20_01.jpg
学生さん達のおうちです。
教授達を招いてパーティーの真っ最中。
課題、パーティー、ピザ、課題・・・
そんな日々の繰り返しです。





n20_02.jpg
課題をやると楽しさが真っ赤になっちゃうので、私はゲームをさせて楽しさを回復させてます。遊んでるだけなのでスキルは上がらないけど、早く回復していいような気が(気のせいかもだけど)





n20_03.jpg
ケティも期末レポートを書いたお陰で楽しさが下がったのでゲーム開始。
と思ったら、いつの間にかまたラマ夫が。





n20_04.jpg
「ふぁいっと~♪」
ちょっとカマっぽいポーズで





n20_05.jpg
「ゴーゴーゴー!!」
いつものようにチアリーディング。
はっきり言ってうるさいです。





n20_06.jpg
そして勝手に隣に座ると
「キミ、ゲームうまいよねぇ。でもね、ボクが思うに」





n20_07.jpg
「やっぱここで一番上手なのはレニくんだと思うんだよねぇ~。なんつーか、指さばきが華麗? っていうかぁ? こないだもね~・・・」
相変わらずのレニ談義。





n20_08.jpg
「あっ、いけない、試験はじまっちゃう!」
「あっ・・・」





n20_09.jpg
ぽつー・・・ん

「ここからがいい所だったのに・・・・」

寂しいラマ夫。





n20_10.jpg
でも、ラマ夫はメゲません! 一人の時はレニくんの行動研究です!
「え、えと、レニくんはこうやってたっけな・・・(がちゃがちゃ)」
「(?? 何やってんだ、あいつは・・・)」

頑張れ、ラマ夫!
いつかキミのレニ談義を熱心に聞いてくれる人が現れるその日まで!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。