スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その5 カクテルはいかがですか?

101112_03_01.jpg
今回から執事さんが雇えるようになりました。
おおー、さすがに高いです!
でも料理を作ったり一通りのことをやってくれるみたいですね。




101112_03_02.jpg
しかもシムズ2の時の執事と違って住みこみです!
家が広くないと無理!
まさにセレブにしか雇えないサービスマンですね。
ちなみに執事と言っても必ず男性が来るわけではなく、私が今回頼んだところ女性の執事がきました。


さて、高層マンションに住んでいたアンさんですが




101112_03_03.jpg
朝からマンションのエレベーターに挟まれていました。




101112_03_04.jpg
ギュギュ~~!
「ちょ、苦し・・・! ぐえーー!」
どんだけ危険なエレベーターだ。




101112_03_05.jpg
ガララー(扉の開く音)
「きゃあ!」バタッ
ようやく解放されました。都会は恐ろしいところやでー

だからというわけではないのですが、高層マンションはやめて、郊外にある普通のおうちに引っ越しさせました。
やっぱいちいち高いところに上がったりするのが、観察する方としては面倒な感じだったので。
でもアンさん自体は「高層マンションに住む」望みを出したりしているので、セレブを目指すシムには高い所に住む憧れがあるみたい。

まぁ、観察しづらいのはともかく、アンさんが住んでいたマンションには広さの関係上ホットタブが設置出来なかったので、ホットタブに入るシムを見たかった観察者としては引っ越しさせるしかなかったわけです。




101112_03_06.jpg
引っ越した途端、まんまとホットタブに入るアンさん。
って、んん??? なぜモザイク??
ホットタブに入るのって、基本水着姿だったよねぇ・・・?




101112_03_07.jpg
えー、こんなことがww
自由奔放すぎるにも程があろうwww




101112_03_08.jpg
とりあえず、モザイク消しを入れてみました。
しかし、お湯から出ると本当にすっぽんぽんなので困るw
アンさんはこの開放感に病みつきになったらしく、自宅に帰ってきたら必ずと言っていいほど裸でホットタブに入ってます。




101112_03_09.jpg
アンさんにバーテンのレベルを上げる望みが出たので、試しにやらせてみました。
カクテルを作るためには、それ専用のバーが必要です。




101112_03_10.jpg
「えーっと、確かこれを入れて・・・」
おぼつかない手つきです。




101112_03_11.jpg
「えいえい、シェイクシェイク!」
めちゃくちゃ飛び散ってますがな。




101112_03_13.jpg
「あっ・・・!」




101112_03_14.jpg
パリーン!




101112_03_15.jpg
あーあ、落として割ってしまいました。




101112_03_16.jpg
「ま、まぁ、誰も見てないからいいよね、ア、アハハハハ」
まぁ、最初はこんなもんですよね。




101112_03_17.jpg
「ハイッ、ホイ!」
ポーズはカッコイイのですが、作るたびに瓶を割ったり、かなりメチャクチャでしたw
早くレベルが上がって、カッコイイところを見せてもらいたいものです。




101112_03_12.jpg
ちなみに作ったカクテルはスタッフ・・・アンさんが美味しくいただきました。
練習中に出来たものは全て自分で飲むので、お腹タプタプになんないのかなーと余計な心配をしてしまいました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。