スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回 「盤古の斧」、ゲットだぜ!

100422_01_12.jpg
中国のアドベンチャーを進めていくと、「盤古の斧」についての情報を得ることが出来ます。
これって、すべてのものを砕いちゃう、すんごい斧なんですよねー

これを手に入れると、今まで大きな岩が邪魔で入れなかった場所などに入ることが出来るようになっちゃうのです。

というわけで、面倒臭い墓探索を終えて、「盤古の斧」、ゲットだぜー!!




100422_01_13.jpg
パンいちで。

いや、探索出来る井戸とかが多くて、「びしょぬれ」のムードが面倒臭くて、水着に着替えさせてたんですよねぇー・・・カッコイイシーン(?)なのにねぇー。
斧を取る前に着替えさせればよかったですな。




100422_01_14.jpg
この「盤古の斧」を使うと、こういうデカい岩なども




100422_01_15.jpg
「盤古の斧、召喚!!」




100422_01_16.jpg
「ぬおおおお!!」




100422_01_17.jpg
「そりゃああ!!」ボゴオオオン!

一撃で破壊!!

いやー、楽しい!

楽しいだけでなく、がれきの山なども一撃で壊せるようになるので、とても便利です。

他にもこういう便利アイテムとかあるんでしょうかねぇ??




100422_02_01.jpg
冒険を続けていくと、このように


100422_02_02.jpg
井戸の探索が速くなったり、罠を解除しやすくなったりするんですね。
将来的には古代の難しい罠も解除できるようになったりするのかなぁ??




100422_02_03.jpg
依頼人へ報告。
なんてことないシーンなんですが、片手に本を持ったままおしゃべりするのは珍しいなーと思って撮影しました。
ちょっとしたバグ?




100422_02_04.jpg
公式で紹介されていた「Romance is Dead」の動画で、携帯炉でマシュマロ以外のものを焼ける事を初めて知ったので(遅)、やってみることにしました。




100422_02_05.jpg
どうやら所持品に入っている食べ物を焼くことが出来るみたい。
今回はトマトを焼いてみました。
肉とか魚も焼けちゃったりするのかしらん?




100422_02_06.jpg
「ふ~っ、ふ~っ」
真剣な顔で息をかけて、少しさまして・・・




100422_02_07.jpg
あぐっ
「うん、なかなかオツな味だな」
シムズ3のマシュマロはマズそうなので、食べ物を持ちこんで焼く方が見た目にも楽しいですね。




100422_02_08.jpg
その間にも探索探索の日々。




100422_02_09.jpg
「宝石とってきてシルヴプレ」
「またかよ~・・・」




100422_02_10.jpg
マップビューで宝石を探し、ズームインして宝石を拾うように指示・・・しようと思ったんですが、大きな岩があるばかりで宝石が発見できず・・・。




100422_02_11.jpg
どうやらこの大きな岩の下に宝石があるみたいです。
「任せろ! こんな岩ぐらい、この斧で・・・」




100422_02_12.jpg
「そおおい!」




100422_02_13.jpg
やっぱり岩の下に宝石が・・・・・ん・・・・?




100422_02_14.jpg
「・・・なんか地下へ下りる階段があるな・・・」

旅先で怪しい場所を調べると、アドベンチャーに関係ない墓を発見することがありますよね。
ああいうのってアドベンチャーを受けていない状態で探索しちゃって、後で困ったりしないのかしらん?

重要部分はキーがないと入れなかったり、保護はされているんだろうけど、先に探索しちゃうとややこしいことになりそうで、とりあえずは無視しているんですけど・・・うーん?

というわけで、この階段は見て見ぬフリをして忘れることにしましたが・・・本気で忘れてしまって、後からここの入り口を探す時に困らないか少々不安。


というわけで、とりあえず今進めているところまででの出来事をザッと紹介してみました。
今回はアドベンチャーの詳しい紹介はしませんでしたが、大体の事はメニューのそれぞれの国のアドベンチャー一覧に記入したので、そちらをご覧くだされ。

アドベンチャーをここまで進めたのは初めてなので、このまま続けて「アドベンチャーはどこまでプレイしたらラストなのか」を見極めたいところですが、長く間をあけると面倒臭くなる悪い癖がムズムズと・・・。

まぁ、でも適当に何らかの形で続きます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。