スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回 達人の手のひらから学ぶ(シャン・シムラ)

100412_01_14.jpg
さて、ベースキャンプで十分休んだ次の日。早速アドベンチャーをチェックですよ。




100412_01_15.jpg
「達人の手のひらから学ぶ」
このチャンスをクリアするには、まず武術スキルを上げる必要がありますね。
「鍛練されている」特質を持っている割には、武術スキルを上げる望みを全く出さなかったケイくん。
今回ようやくスキルを上げるチャンスに恵まれましたね。




100412_01_16.jpg
「いざ!」
かまえは恰好いいんですけど




100412_01_17.jpg
「へやっ」
やっぱヘッピリ腰。まぁ、初心者だし、こんなもんですよね。




100412_01_18.jpg
あら、武術スキルより先にスポーツスキルが上がりましたね。
武術でスポーツスキルも上がるんですねぇ・・・。




100412_02_01.jpg
武術スキルもアップ!




100412_02_02.jpg
「ハァ~ッ!」
なんで毎回レベルが上がるたびにポーズを取るのか・・・




100412_02_03.jpg
板割りが出来るようになったので、ちょっとやらせてみました。




100412_02_04.jpg
「ハイッ! ハァ~、ソイ!!」
掛け声ばかりで、なかなか板を割ってくれないので、見ていると少々イライラするんですよねぇ・・・。




100412_02_05.jpg
ずっと続けていくと、割る枚数が増えていくんですよね。
いつかは隕石をバカーン! と割らせてみたい。




100412_02_06.jpg
長時間やらせすぎて疲れ切ってしまい、これ以上スキル上げが出来なくなってしまったので、ベースキャンプでまったり。
この時間を利用して、買ったまま読ませていなかった料理レシピを読んでもらうことにしました。




100412_02_07.jpg
「ええっ、このレシピにこんな調理法が・・・!?」
レシピ本でも楽しそうに読むシム。




100412_02_08.jpg
次の日、再びスキル上げ。




100412_02_09.jpg
調子に乗ってスキルレベル4まであげてしまいました。
体が鍛えられるせいか、スポーツスキルもじわじわ上がりますね。




100412_02_10.jpg
スパーリングはレベル2ぐらいで出来た気もするんですが、この時はクエストの情報アイコンをクリックすれば自動的にスパーリングしに行ってくれると勘違いしていたので、「あれ? スキル上がったのにスパーリングに行けないなぁ~スキルレベルが足りないのかしら?」てな具合に4まで上げてしまいました。

スパーリングは申し込む相手に「あいさつ」をしないと選択出来ないので、アイコンをクリックしただけではスパーリングには行ってもらえないんだと、かなり後で気づきました・・・。




100412_02_11.jpg
というわけで、プレイヤーの勘違いでスパーリングを申し込むまでに時間がかかってしまいましたが、いざ!




100412_02_12.jpg
スキルレベルが低くても、スパーリングではサマになっているんですよねー




100412_02_13.jpg
「は、腹が減ってるんですけど・・・」
お腹が減っている中、2回もスパーリングに付き合わせてごめんね(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。