スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回 外国で仕事(アル・シムハラ)

100401_01_10.jpg
そんなわけで、アル・シムハラに到着。
「シムハラ」とか「シムラ」とか、日本人の名字みたいな土地の名前ですよね。

各国に設けられた「ベースキャンプ」がシムの活動の拠点となります。
無料で使えるだけあって、どの国のベースキャンプの設備も素敵なショボさ。その中でも群を抜いてショボいのがシムハラのベースキャンプ。

用意されているテントは安物だから回復が遅いし、シャワーも安いものなので、「冷たい水をあびちゃった」的なムードがつくことがあるし・・・しかもここでは調理に火が使えないので、冷蔵庫から出すだけの、簡単な食事しか食べられないんですよねぇ。

2のシムだったら、確実に「環境が良くない!」と文句を言うような場所だと思われます。3のシムは寛大だなぁ。

この雰囲気、それっぽいし嫌いじゃないんですけど、折角の旅行だから、もうちょっとシムには快適に楽しんでもらいたいところですけどねー。

チートでプレイ中に建築モードや購入モードを強制的に使うことは出来るみたいなので、その気になればキャンプを充実させることは出来そうですが、多分費用は自前なんだよねぇ・・・他の人も使うのに、それもちょっと面白くないですよね。


ビザポイントがたまったら、各国に自分の家がもてるようになるらしいので、どうせなら別荘購入も目指しますか。
海外での快適な暮らしを得るためにも、頑張っていきましょう。




100401_01_11.jpg
キャンプに対する愚痴はこれぐらいにして、早速アドベンチャーへと出発です。
この「冒険あります掲示版」で、今受けられる冒険をチェックしてみると・・・




100401_02_01.jpg
「外国で仕事」
普通にプレイすると、エジプトのアドベンチャーは大抵これから始まりますよね。
キャンセルすれば、他のアドベンチャーが受諾出来るんでしょうが、まぁ、今回はそのまま受けることにしましょう。




100401_02_02.jpg
「あなた達に協力して、ひと山当てようと思うんですけどー」
ファティマ アミンさんに依頼を受ける意思があると連絡します。
「報告に行く」などのボタンを押せば、シムが自動的にその場に行って、勝手に交渉してくれるのでプレイヤーは楽チンですよね。
他のゲームなら、まずファティマさんを探さないといけないところでしょうが・・・。

ところで、この報告をする相手は毎回変わっている気がするんですけど、どうやって決定されてるんだろ。




100401_02_03.jpg
「初級試験」
早速ファティマさんからの依頼です。
ドジっ子ファティマさんのために、書類を取りに行くのが最初のミッション。
「その後には、もっと面白い仕事を用意しましょう!」の言葉に期待しましょう。




100401_02_04.jpg
支度金的にビザポイントと高品質の乾燥食品が5個ももらえました。
ファティマさん気前いいな。




100401_02_05.jpg
この仕事で探索する墓は小さくて、あっという間に探索も終わるし、乾燥食料をもらっているから必要はないかとは思いますが、一応買い物に行っておきましょう。
エジプトでは長距離移動ではスクーターが自動的に使えます。ですが大半はスクーターが通れない荒れ道なので、走っての移動がメインになります。




100401_02_06.jpg
チートでお金を増やしているので、アイテムは買い放題です。
「えーっと、消臭剤とテントも一応買っておこうかな」




100401_02_07.jpg
「それにしても、あっついな~」ゴクゴクゴク




100401_02_08.jpg
「ふぅ・・・キツい・・・」
薄着だと、逆に日差しがキツそうなエジプト。

もうちょっと砂漠らしいファッションにすべきだったかもしれないけど、いつも旅行に行かせてから気づくんだよねぇ。
中国やフランスならベースキャンプにタンスがあるので着替えさせられるんですが、エジプトはキャンプ村っぽい作りなのでタンスはないんですよねぇー




100401_02_09.jpg
さて、準備も整ったので、墓にもぐりましょう。
場所はベースキャンプのすぐ隣(というか、ベースキャンプの中?)。
アイコンをクリックすれば、自動的に入り口までシムが走って行ってくれるので、迷うこともありません。





100401_02_10.jpg
「初級試験」で入る墓は最初の冒険の場所、ということで、かなり簡単な作りになっております。
っていうか、中の攻略とか必要か・・・? 毎度思うが、本格的なRPGのダンジョンなどと違って、結構簡単ですよねぇ。後半になると、少し複雑にはなりますが・・・。

一応、以前撮った動画があるのでリンク貼っときます→「初級試験の墓

この小さな墓の最深部に、うっかり忘れられた書類があります。
「うっかり」という割には、しっかり宝箱の中に入ってますけども。




100401_02_11.jpg
「モーキュ社の代理人」
書類を持って帰ると、別なところの手伝いをしてこい、と言われます。
「面白い仕事」はおあずけみたいですね。



100401_02_12.jpg
報酬。
仕事をした後の方が、報酬がショボくなっております。
「無事だったとは!」とか言われる程度には危険な仕事のはずなのに(笑)




100401_02_13.jpg
まぁ細かいことは気にせず、ウームさんの元へ。
シムがしゃべる時のこのポーズを見るたび、心の中で「うちのカミさんがねぇ・・・」とアテレコしているのは秘密です。




100401_02_14.jpg
「砂漠の宝石」
辛辣にファティマさん批判をしたウームさんから「給料にしたいから」とトルコ石を4つ採って来て欲しいと頼まれました。
しかし、社員に正当な報酬を支払わないとは、なんてブラックな会社なんだ、モーキュ社は。
そんなところの依頼を受けていいもんかどうか悩むところですが、報酬が貰えない社員は気の毒なので依頼を受けることにしましょう。




100401_02_15.jpg
依頼を受けただけでビザポイントがいただけます。
報酬が現物支給なのはブラック企業だからか。




100401_02_19.jpg
しかしこの「石を集めて来てくれ系」は地味に面倒ですよね。
とにかく海外のフィールドは車などで移動出来ない場所が多く、シムがえっちらおっちら走って移動して石を一つ一つ拾い集めて・・・かんなり時間がかかります。
はるか遠くから石めがけて走って来るケイくん。
がんばれ~~




100401_02_17.jpg
せめて車で移動出来ればねぇ・・・。
マップビューを使えば、石が落ちている場所はすぐにわかるので手間はかからないのですけど、何しろ時間がかかって仕方ないわけで。

あ、テレポート使えばいいのか???
まぁ、まだ使えないけども。




100401_02_18.jpg
ようやく石の元にたどりついた時には、すっかり日が暮れてしまっていました。
眺めはいい場所なんだけどねぇ~・・・
こういう移動でも運動スキルが上がる仕様だったら、すぐにMAXになりそうですよね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。