スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回 ワールドアドベンチャーズを適当に攻略してみることにした

というわけで、タイトル通り、ワールドアドベンチャーズの適当な攻略です。

タイトルに適当、と入っているだけあって、本当に適当な内容になると思うので、実際に攻略に役立つか怪しいです。というか、まず無理でしょう。申し訳ない。

じゃあ、なんでこんなエントリーを作ってん! と言われそうですが、まぁアレです。
ワールドアドベンチャーズを買って、「折角だから全部の墓を攻略しちゃるぜ!」と思いながらも何度も挫折してきたので、タイトルにこういうのをつければ、今度こそはきっちり終わらせられるかなーと、そういうね。
淡い期待をね。

今までの経験からして、完全攻略どころか、途中で挫折する可能性の方が高いですがーっ

まぁ、とりあえず適当に頑張ってみようと。




100401_01_01.jpg
そんなわけで、今回頑張っていただくのはこちらのシム。
ケイ・マロルーの観察で活躍していたケイくんです。




100401_01_02.jpg
なんで彼を選んだかと言えば、まぁ見ていて自分が楽しいからってだけです。
そういえば、彼自身の観察も頓挫してましたね。微妙に嫌な予感がします。




100401_01_03.jpg
特質は、以前観察していた時とは全く違うものに変更しています。
「高慢ちき」などの特質は、冒険にはあまり向いてませんしね(携帯食料を嫌がりますし)
今改めてみると、マイナスな特質のない、つまんない性格にしちゃったなぁとは思いますが、今回の目的のメインは「ワールドアドベンチャーズの攻略」なので、そのあたりは目をつぶりましょう。
「芸術家肌」や「名演奏家」が入っているのは、私がシムの描く絵や弾く音楽を聴きたい、というスケベ心を持っているからです。




100401_01_04.jpg
今回はご長寿モードでプレイしております。
ケイくんはプレイを始めた時にいつも少し年を取ってしまっているんですが、成人まで151日もあれば、大抵の事は経験出来るでしょう。




100401_01_06.jpg
生涯願望は、今回のテーマにふさわしく「偉大な探検家」。
それぞれの場所で6個の墓を十分に探索・・・
どれぐらいの手間がかかるか想像もできませんが、まぁ頑張りましょう。




100401_01_05.jpg
「名演奏家」と「芸術家肌」が入っているので、てっきり音楽関係の就職を望むかと思っていたのですが、彼が希望したのは警察キャリアでした。
「勇敢」特質が優先されるのかしらねー




100401_01_07.jpg
とりあえず希望通り警察に就職させて




100401_01_08.jpg
その足で市役所に向かわせて魅力の授業を受けさせるのが、私の毎回のパターン。
「魅力」を上げるにはまず、授業を受けるか本を読むかしてスキルを1にしておかないとダメですからね。
後は話をするだけで上がるので、早い段階で上がるようにしておかないとソンかなぁ~という、貧乏臭い考えからですけどー。

それにしても、市役所に行くといつも誰かが立ったまま本を読んでいるわけだが・・・
デモをしている人の横で、こうやって立ったまま本を読んでいるシムって見ていてヘンテコなので、こういう場所での他の時間のつぶし方を、シムは模索すべきだと思うんだよ・・・。




100401_01_09.jpg
まぁ、そんなこんなで、職も決まってやることもやっちゃったので、最初の冒険へと出発しましょう。
命短し、旅せよマロルー。
とにかく時間が許す限り、海外に行く方向で頑張ってもらいます。

てなわけで、まずはケイくん本人が「行きたい」と望みを出した、エジプトの「アル・シムハラ」へ行ってみることにいたしましょうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。